2016年の家計簿。決算。

家計簿が決算を迎えましたー。

ザックリご報告。


支出額は公開しませんが、各費目の前年比と構成比をば。

家計簿2016 決算

以前の記事でもお話しましたが、下半期に費目を変更しています。
それに伴って上半期にもちょこちょこ修正が入っているので、中間決算での過去記事とは若干金額のずれが生じています。
ご了承くださいね。
あともうひとつ、構成比について。
支出額を100%とした費目の構成比ではなく、収入に対する支出の構成比なので、合計が100%ではないです。
1年間の収入のうち、89.2%使ったよーって事です。


ではまず貯蓄。
これまで目標値を収入の20%としていましたが25%に変更しました。
2016年は貯蓄率26.4%ってことで目標値クリアです。収入の89.2%を使った残りの10.8%は預金口座にストックとなります。
それ考えると目標値30%でもいける気がしないでもないけど・・・まぁいっか。


次。増減大きい費目をピックアップして。交通費。
これについても中間決算の記事で触れていますが、交際費に伴う新幹線利用によるもの。
有意義な時間を過ごせてるので、交通費の増加については問題なーし。
前年比見てもらうとわかると思いますが、趣味娯楽に費やしていたお金を交通費に移行したようなもん。
特に意識したわけじゃないけど、1年過ごした結果こうなってたっていう。
独りで自分の好きな事(趣味等)に使ってた時間とお金を、誰かと過ごすための時間とお金にシフトしてました。そういう1年でした。

趣味娯楽費が30万近くも減ってると、2016年のhoyanは趣味も娯楽もない生活を送ってたかのように感じられるでしょうな・・・。
でもご心配なくっ。そんだけ減っても6.5%は趣味娯楽に費やしておりますでね。家計費以上に使っておるでね。なんてこった。



なんだかんだで上半期とほぼ同様、下半期の支出も前年比で-172,936円(-10.4%)となり、年間で-345,445円(-10.6%)。
今回大きく支出減となりましたが、前年(2015年)の支出が多すぎた費目(服飾費・趣味娯楽)があるので、そりゃそうだ、こんだけ減って当然だよねって思う部分もあったりなかったり・・・いや、ある。
浪費には注意していたものの、そこまでガツガツ節約に励んだかというとそうでもない2016年。
ゆるゆると過ごしてきたわりには上出来ってことにさせていただきます。


でもね、2016年のモヤモヤがひとつ。
反省点をあげるなら通信費かな。格安SIM、結局踏み切れませんでした(。pω-。)
いつになったらコンフォートゾーンを抜け出すんだアタシー。2017年の課題として繰越し。

スポンサーサイト
1日200円。 | Home | 2017/1月のインデックス投資記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する