FC2ブログ

また信託報酬比較してみた。

今後の購入ファンドを検討しよっかなって事で着手。
私が購入しているファンドとの比較なので、あまり参考にならないかもです。
ご了承くださいまし。




信託報酬比較 17.5.15


eMAXIS Slimシリーズが業界最低水準の運用コストを将来にわたって目指すとの事。
たしかにピタッと寄せてきて、最低水準の低コストファンドです。
他のファンドが信託報酬率の引き下げを行った場合には、こちらも信託報酬率を引き下げ業界最低水準にすることを目指すのだそう。
一応、注釈として→“業界最低水準にすることをめざしますが、これを実現することを保証するものではありません。”だそうです。
そりゃそうだよね、うん。

とにもかくにも。
業界最低水準を目指してくれてありがとう。
ワクワクさせてくれてありがとう。
とっても期待しております!!


さてさて。
前回の記事でもちょっと触れましたが、新興国株式クラスのファンド乗り換え。
購入しているFunds-iのベンチマークは、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)。
iFreeのベンチマークはFTSE RAFI エマージングインデックス。
iFreeが一番低コストだけどベンチマークが異なるので候補から外しています。
そこで最有力候補となるのが“たわらノーロード新興国株式”という訳で、こちらに乗り換え決定しました。


ファンド乗り換えは新興国株式クラスだけですね。
国内株式クラス、先進国株式クラスの信託報酬は横並び。
国内債券クラスは、この先乗り換えるとしたらeMAXIS Slimかなーなんて思ってたりしますが。
結局は実質コスト次第だよねってなるので様子見です。

以上でっす。
スポンサーサイト



2017/5月・6月のインデックス投資記録 | Home | 2017/4月のインデックス投資記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する